Xperia acro HDを初期化してみました

Android 4.0 にアップデートした頃からだと思うのですが、アプリが固まったり、カメラでエラーが出たり、不都合が気になっていたので、Xperia acro HD を初期化してみました。
Android 4.0 にアップデートするときに、初期化した方が軽くなるよという噂を信じてみたからです。

アプリを丸ごとバックアップ

初期化する前に、まずバックアップをとります。
Xperia acro HD には、「バックアップと復元」というアプリが入っており、これを使えばアプリも、アプリが持ってるデータも、丸ごとバックアップできます。

バックアップと復元を起動したら、上の「バックアップ」の欄の「バックアップ先を選択」から、バックアップ先を選びます。
僕は「SDカード」を選びました。

次に、バックアップしたいアプリを選択したい場合は、「データを選択」をタップします。
しかし何も出てきません。
アプリの一覧の取得にそうとう時間がかかるようで、かなり待たされます。
一部の少しのアプリだけバックアップしたいとかじゃなければ、「すべて」のままの方がらくでいいかもしれません。

そしたらいよいよ「バックアップ」ボタンを押すのですが、これも反応があるまで時間がかかります。
しばらくすると、バックアップの進捗状況が表示されるので、固まったと思わずに気長に待ちましょう。

LINEのバックアップ

バックアップがとれたら、初期化へと進みたいところのですが、LINE だけは個別にバックアップを取らなければなりません。
このアプリだけ特別に通常のバックアップからは復元できない仕様になっているのです。
僕はこれをやらなかったために、過去のチャットログをすべて失ってしまいました。

LINE でやるべきことはふたつあります。

まずはメールアドレスの登録です。
「その他」→「設定」→「アカウント管理」→「メールアドレスの登録」から登録します。
メールアドレスを登録しておくことで、購入したスタンプを再インストール後も引き継ぐことができます。
登録するメールアドレスはパソコンのものでもいいので、初期化する予定が無くても登録しておいた方がいいでしょう。

次に、トークのログをバックアップします。
「トーク」から保存したい相手とのトークを開いて、右上の下向き矢印を開いて、「トーク設定」→「トーク履歴をバックアップ」→「すべてバックアップ」を選びます。
その後メールに送信するかどうか聞かれますが、念のためパソコンなどに送っておいた方がいいかもしれません。

グループで会話したトークには保存できないパターンがあるそうです。
僕はグループではトークしたことなかったので詳しくは他のサイトを参考にしてください。

バックアップは microSD ではなく、携帯の内蔵ストレージに保存されます。
僕はシステムだけ初期化して、内蔵ストレージは初期化しませんでしたが、もしする場合は気を付けてください。

その他設定などのバックアップ

LINE以外に復元できないのは、ホーム画面の配置とドロワーの配置。
あと、Android の設定の一部(着信音、画面ロック、VPNなど)などです。
スクリーンショットを保存しておくといいでしょう。

スクリーンショットは、電源ボタンとボリュームの下ボタンの同時押しで撮れます。
保存先は内蔵ストレージの Pictures の中の Screenshots の中みたいです。
これも内蔵ストレージを初期化した場合は消えてしまうので、メールでパソコンに送るとかしておいた方がいいでしょう。

初期化

さて、いよいよ初期化です。
初期化はパソコンを使わずに、携帯だけで行います。

Android の「設定」を開き、「ユーザー設定」→「携帯電話のリセット」→「データの初期化」を開いたあと、「携帯端末をリセット」と書かれたボタンを押すと、初期化されます。
そのとき、「内蔵ストレージ内データの削除」にチェックをすると、内蔵ストレージも初期化されます。
今回のように、調子が悪いから初期化するとかいった場合には、内蔵ストレージまで初期化する必要はないでしょう。
携帯を他人に譲る場合とかに、内蔵ストレージを初期化します。

復元

初期化が終わったら、次は復元です。
初期設定は Googleアカウントとの紐付けくらいで、あとはしなくていいです。

「バックアップと復元」アプリを開き、「復元」の欄にある「復元」ボタンを押します。
このとき「データを選択」することもできます。
バックアップのときと違って、復元の方の「データの選択」はすぐに表示されます。

前述したように、LINE は復元できないので、ここでチェックを外すか、復元した後に一度アンインストールする必要があります。

LINEの復元

さて、LINE の復元です。
内蔵ストレージを初期化した場合は、まずバックアップファイルを元の位置に戻す必要がありそうです。
じゃないと、インポートするためのメニューが出てきません。

次に、Playストアからインストールして、初期設定を行った後、履歴を復元したい人とのトーク画面を開いて、右上の下向き矢印から、「トーク設定」→「トーク履歴をインポート」を選びます。
僕はバックアップを取らずに初期化してしまったので試してませんが、うまくいくはず。

LINE のゲームとかは、特に何もしなくても復元されてました。
LINE だけ特殊な制限が施されているようです。

その他の復元

あとは、着信音などの携帯本体の設定を見直して、ホーム画面の再配置を終えれば復元完了です。

自分で入れた着信音は認識されるまでに時間がかかるかもしれません。
Android は、内蔵ストレージや microSD に保存された音楽ファイルをスキャンしてキャッシュする仕組みになっていて、スキャンが終わるまでは着信音一覧に出てきません。
スキャンにかかる時間は、音楽ファイルの量によります。
僕の場合は、アルバム30枚くらい入れていたのですが、翌日にはスキャンは終わってました。

着信音を個別に設定していたアプリでは、着信音が別の音になっている可能性があります。
僕の場合、Twicca の Reply が来たときに、突然椎名林檎の曲が流れ始めてびっくりしました。
そしてしばらく鳴り止まないという。

Google(Gmail) の電話帳を使っていて、連絡先の同期に失敗する場合は、docomoアカウントの「お気に入り」グループを削除すると解決するみたいです。
4.0 アップデートの時にも話題になってましたね。
お気に入り設定は、Google 側にも、「Starred in Android」という名前で保存されていますので、docomo 側のを消してしまっても問題ありませんでした。
「Starred in Android」グループは、携帯からだと見られないかもしれませんが、PC から Gmail にログインすると確認することができます。

spモードメールを使っている場合は、メール振り分けの設定もおかしくなっているかもしれません。
僕の場合は、「家族」からのメールを振り分ける設定が、「お店」からのメールを振り分けるように入れ替わってました。

最後に、カメラの設定も初期化されてるので直しときましょう。
フラッシュたかないとか、保存先を microSD にするとか。

感想

初期化してみて、確かに前より軽くなった気はします。
固まることはありますが、ちょっと待てばまた動きます。

カメラの起動は相変わらず遅いです。
この機種はカメラが 2秒で起動できるのが売りだったはずですが、10秒くらいかかります。

その他の不都合として、アルバムから画像を開いたときに、定期的に再読込みされて、その度に開いてたメニューが閉じてしまうというのがあったんですけど、それはよくなりました。
それと同じ原因かは分かりませんが、カメラを起動したときに、メモリエラーが出るのもよくなりました。

BatteryMix でプロセスを見た感じだと、アップデートの時と違って、何日も裏で処理が動いて重いということはなさそうです。
復元データの中にそういうのも含まれてるのかも。

OS を初期化するとなんで動作が軽くなったり不都合が無くなったりするのか、その仕組みはよく解ってませんが、多少の効果はあったように思います。
バックアップさえしっかりとっておけば、なめこなどのデータもしっかりと復元できるので、不都合に悩んでる人はやってみるといいかもしれません。

Xperia acro HDを初期化してみました」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: docomo Xperia acro HD SO-03D Part84 | スマホまとめ情報局

コメントを残す