またWikipedia

小児においては、親に耳掻きをしてもらうことは、体のふれあいをも伴うためある種の安堵感を覚えるものである。また、夫婦など成人男女のペアの場合、女性(妻)が男性(夫)の耳掻きを行うことが多い。この際、男性は女性のふとももに頭を乗せるという膝枕体勢をとり、女性が耳の穴を見やすくしなくてはならない(小児においても同様である)。伝統的な日本式家屋においては、外の光が入りやすい縁側にて行われることが多かったが、現在では部屋の照明装置の直下などにて行われることが一般的と思われる。

このように他人に耳掻きをしてもらった場合、梵天にて仕上げをするだけではなく、取り残した耳垢を、耳に息をかけることによって吹き飛ばす行為もなされる。しばしば、この息によってゾクゾクとした快感を覚える場合もある。なお、上記のような膝枕体勢をとることにより、単に耳掻きをしてもらって気持ちがいいということ以上の幸福感を覚えるという男性も少なからず存在する。

またWikipedia」への4件のフィードバック

  1. ひろきの

    個人的には
    耳は攻めるのも攻められるのも大好きです。

  2. ゆうあん

    個人的には
    本当に心を許せる人にしか耳は預けられないね。

コメントを残す